JAMCA PRIZE 2016 フォトコンテスト(学生部門)結果発表

トップページへ

フォトコンテスト(学生部門)

① ふる里とクルマ ② クルマと人
③ かっこいいな、クルマの整備士 ④ 今、これが青春だ ⑤ 私のタカラモノ 【応募資格】小・中・高等学校・専門学校・大学・大学院に籍を置く方。

写真をクリックして拡大

グランプリ

「車の相棒」

菅 開智

コメント:無二の相棒として、力を合わせ、車を直す人達です。その姿が表れるような写真を撮りました。

写真をクリックして拡大

審査員奨励賞

「青春の影」

金子 空之新

コメント:友人がバスケットボールをしていた途中、たそがれているところを撮りました。

写真をクリックして拡大

審査員奨励賞

「精密」

中嶋 悠大

コメント:町の工場で働いている人を撮りました。1つの事に集中する姿、とてもかっこいいと思いました。

写真をクリックして拡大

審査員奨励賞

「運転手は私だ。」

中村 葵斗

コメント:この作品を撮るにあたって、ラジコンを最近買ってもらったことを思い出しこの写真を撮ろうと決めました。運転手になりきっている弟が写真のメインです。

#

写真をクリックして拡大

JAMCA会長賞

「待つ人」

宮﨑 美奈

コメント:このおばちゃんは長年たばこ屋をしています。最近は、お客が少なくなったけれどこれからもお店を続けていきたいそうです。

#

写真をクリックして拡大

テラウチマサト賞

「無念」

藤田 幸歩

コメント:勝てると信じていたのに接戦の後、逆転されたときの無念さを表現しました。

#

写真をクリックして拡大

テラウチマサト賞

「探し物」

奥 若葉

コメント:冬の学校の階段で撮りました。光と影を気にして撮りました。何かを探し学校を走り周っている様子。

写真をクリックして拡大

カメラマン賞

「勤務前」

宮﨑 美奈

コメント:仕事が始まる前に集まって話している警備員を撮りました。構図を考えながら撮りました。

※優秀作品多数のため賞を追加しました。

写真をクリックして拡大

入賞

「フルアウト!!」

本多 咲人

コメント:ダンスの出番を終えた全力でやり終えたところを作品にしました。自分の追っかけている夢のダンス。これが「青春」として伝わればいいと思いました。

写真をクリックして拡大

入賞

「集中」

三川 真央

コメント:真剣に車を整備している姿がかっこいいなと思って撮りました。

写真をクリックして拡大

入賞

「熱い目線」

京藤 和

コメント:とても暑い日に部活で水遊びをしている時に撮影しました。

写真をクリックして拡大

入賞

「青春だ」

多田 慎之助

コメント:部活の活動で海に行った時にはしゃいでいた友人を撮影しました。友人の楽しそうな笑顔がきれいに撮れたと思います。

写真をクリックして拡大

入賞

「手に宿る職人魂」

上野 睦生

コメント:この作品は、学校の近くの自動車の整備工場で撮らせてもらったものです。

写真をクリックして拡大

入賞

「笑顔咲く」

八木 葵

コメント:高校最後の体育祭で一番の親友との競技。去年よりもたくさん笑って楽しくて。これからもずっと二人の思い出として残っていきますように。

写真をクリックして拡大

入賞

「放課後」

平塚 榛

コメント:放課後、2人で傘に入り帰る姿を撮影しました。まだ恥しさが抜けず、今しか過ごせない青春を過ごす2人の感情が伝わればいいなと思います。

写真をクリックして拡大

入賞

「懸命」

植松 大地

コメント:学校の体育祭の大縄跳びの様子です。プレーの要である縄を回す友人がとてもカッコ良く見えました。

写真をクリックして拡大

入賞

「裸の付き合い」

駒澤 一樹

コメント:年齢の違う上裸3人の質感の違いを撮りました。

写真をクリックして拡大

入賞

「喜び」

古竹 澪

コメント:体育祭で喜んでいる姿が青春ぽいなと思ったので撮りました。

写真をクリックして拡大

入賞

「愛しの家族」

大林 桃乃

コメント:これは、私の愛犬と妹が庭でたわむれている様子です。大好きな私の家族を撮りました。

写真をクリックして拡大

入賞

「向き合い」

安井 亮介

コメント:この写真は自動車を整備する人の真剣な表情がかっこいいと思った。車の部品と向き合うことで整備の大切さや細やかさを写真を通して知ることができた。

写真をクリックして拡大

入賞

「帰り道」

岡田 あかり

コメント:道を歩いていたら下校中の小学生に出会い、撮らせてもらいました。すれ違う車と手を振ったりしていて、地域の人と子どもが仲良くて、すてきな町だなと思いました。

写真をクリックして拡大

入賞

「私たちの宝もの」

山本 優花

コメント:先生のお子さんのお宮参りを撮影させてもらいました。お子さんに対する愛情が「宝もの」ということがすごくわかりやすく、良いなと思いこの作品を選びました。

写真をクリックして拡大

入賞

「顔」

大畑 彩夏

コメント:弟がネコと遊んでいるところを撮っていて、後で見直していたら偶然2人とも変な顔になっていました。弟に見せてあげたら笑っていました。

審査員:国土交通省/文部科学省/高文連写真専門部/ハービー・山口(写真家)/テラウチマサト(写真家)/JAMCA

ページのトップへ移動

主催 JAMCA(全国自動車大学校・整備専門学校協会)

主催 JAMCA(全国自動車大学校・整備専門学校協会)

© 2013 JAMCA PRIZE