JAMCA PRIZE 2020 フォトコンテスト(一般部門)結果発表

トップページへ

フォトコンテスト(一般部門)

【テーマ】① ふる里とクルマ ② クルマのある風景 ③ かっこいいな、クルマの整備士 【応募資格】とくに規定はありません。学生も応募可。

写真をクリックして拡大

グランプリ

「並走」

伊達 兼敏

コメント:列車と車が並走するのを狙って撮影しました。

写真をクリックして拡大

審査員奨励賞

「大きいね!」

真砂 昇平

コメント:大山にある農場で農場祭の1コマです。孫の姿と比較して大きさを感じることが出来ますね。

写真をクリックして拡大

審査員奨励賞

「引売り」

大岡 雅人

コメント:スーパーの一軒も無い秩父の奥地の広場で色々販売する車を撮影

写真をクリックして拡大

審査員奨励賞

「黄昏の時」

齋藤 尚夫

コメント:都会の黄昏時は、影が主役になれる貴重な時間帯です。

写真をクリックして拡大

JAMCA会長賞

「憧れ」

藤森 保男

コメント:祭りで出番待ちをする少年が、憧れの目で見ていました。

写真をクリックして拡大

ハービー山口賞

「雪が降った日に」

山内 崇司

コメント:車の雪を落とすため、車の周りをグルグル回った足跡と、車があったため雪が積もらなかったアスファルトの車形が印象的でした。

写真をクリックして拡大

テラウチマサト賞

「春色を映して」

馬場 歩

コメント:車のボディに写った親子(妻と娘)の姿がとても印象的でした。

写真をクリックして拡大

カメラマン賞

「本物大好き」

富所 上

コメント:もうおもちゃはだめ、本物の道具を使ってすっかりタイヤ交換の気分になっているところですがメカおんちの母親はジィに任せ、すっかり自分の世界です。

写真をクリックして拡大

入賞

「Flat”6”Junction」

宮澤 史人

コメント:歩んできた歴史と、これから進む未来の交わりをイメージし、合流し離れていくジャンクションに2台のミニカーを重ねてみました。

写真をクリックして拡大

入賞

「いざ行かん!」

田上 幸喜

コメント:トンネルの工事現場の様子です。今からトンネル掘削機がトンネルを掘ろうと前に進もうとしているところです。

写真をクリックして拡大

入賞

「雨の甲州街道」

弓場 光彩

コメント:車と雨と夜は、三者が三者ともを引き立たせます。メカメカしくきらめく様が疾走感と共に捉えられたと感じています。

写真をクリックして拡大

入賞

「赤一色」

須藤 茂義

コメント:街を散策していると、遠方まで一直線に見通すことのできる場所を発見。一斉に赤信号に変わる瞬間、ブレーキランプとともに、街は一瞬にして赤一色に変わります。

写真をクリックして拡大

入賞

「注意100倍」

上杉 裕昭

コメント:雪の中を走るクルマを、高い位置から撮りたかった。轍もはっきり見えるので。

写真をクリックして拡大

入賞

「田植えの日」

小豆 恒夫

コメント:今日が、田植えの日。阿吽の呼吸で、てきぱき作業する夫婦に見入る。軽トラで運んで来た苗を次々と。

写真をクリックして拡大

入賞

「駐車場」

大岡 雅人

コメント:片品川に掛かる橋の上から撮影

写真をクリックして拡大

入賞

「ヨーロッパの街並み」

佐藤 義敏

コメント:ドイツ、道路は石畳みが敷かれ、日本とは違う、建物との境界も整然としないが、この道路にきれいに駐車されている。みごとだ。

写真をクリックして拡大

入賞

「夏を駆け抜けて」

田中 泰一

コメント:新緑の中で、木漏れ日を受けながらスポーツカーが緑のトンネルを駆け抜けて行きました。木漏れ日と新緑がトンネルの奥に続くように撮影しました。

写真をクリックして拡大

入賞

「カバ号、海を走る」

吉野 宏映

コメント:レインボーブリッジを背景に、東京五輪のモニュメントの前を横切って爽快に走るカバ号は、東京の景色に溶け込んでいました。

写真をクリックして拡大

入賞

「いつもの農道を行く」

木下 正治

コメント:滋賀県の里山(棚田)にて、農道を通り抜ける学童か園児を乗せる専用マイクロバスが通過して行きました。

写真をクリックして拡大

入賞

「自車撮り」

大岡 雅人

コメント:国道を自車で走行中 前の車に自分の車が写っていたので 信号待ちで止まった時 撮影しました

写真をクリックして拡大

入賞

「五月の田園」

佐藤 義敏

コメント:秋田の風景三十景に選ばれた水田の美しい里である。田植えを終えた五月には、水田に映える夕陽が美しい。碁盤の目のようなリズミカルな田んぼを眺めると心が和む。

写真をクリックして拡大

入賞

「コークボトルライン」

齋藤 尚夫

コメント:私は出会ってしまった!60から70年代前半に一世風靡したグラマラスな美女、それはコークボトルライン!

写真をクリックして拡大

入賞

「走る、走る、今日も走る!」

細井 哲也

コメント:夕方近くの時間帯で、逆行の中で、走る車両たちの美しさがあった。流れる車両の姿は美しい。

写真をクリックして拡大

入賞

「大迫力の飛行機とキャンバス」

井上 華那

コメント:とても天気が良かったので飛行機が見たくなり、成田へ出かけてきました。大きな音で飛ぶ飛行機は落ちてきそうなくらい近くて大迫力でした。

審査員:国土交通省/文部科学省/高文連写真専門部/ハービー・山口(写真家)/テラウチマサト(写真家)/JAMCA

ページのトップへ移動

主催 JAMCA(全国自動車大学校・整備専門学校協会)

主催 JAMCA(全国自動車大学校・整備専門学校協会)

© 2013 JAMCA PRIZE