JAMCA PRIZE 2016 フォトコンテスト(学生部門)結果発表

トップページへ

#

【テーマ】クルマのある風景 【【応募資格】高等学校・専門学校・大学・大学院に籍を置く方。

写真をクリックして拡大

グランプリ

「パートナー」

寺山 政明

コメント:未来の電気自動車は部品数が大幅に減少する為、ロボットでの整備作業が可能になる。整備士の仕事は主にプログラミング、ソフトウエアのアップデートとなる。

写真をクリックして拡大

審査員奨励賞

「イメージボール」

船山 岳夫

コメント:バーチャル空間で、イメージボールを使用しタッチペンで修正箇所をイメージしながらタッチすると、思い通りに直す事ができます。

写真をクリックして拡大

審査員奨励賞

「遠くない未来の形」

田村 拓実

コメント:そんな遠くない未来、人間とロボが仲良く仕事をしている。そんな未来のほっこりする様な一部を切り取り描きました。

写真をクリックして拡大

審査員奨励賞

「時空整備士」

竹口 美穂

コメント:時を自由に操る時空整備士。

#

写真をクリックして拡大

JAMCA会長賞

「クルマと会話する特別なシゴト」

小竹 優

コメント:車と整備士が直接繋がる。それは例えばSNSでの会話のように、車と対話し車の症状を診断する。未来の自動車整備はスペシャルな仕事になるだろう。

#

写真をクリックして拡大

浅葉克己賞 金

「考える人」

HIYOWAKO

コメント:ロボットと人間が共存する社会に向けて必要なことは「考える」こと。

#

写真をクリックして拡大

浅葉克己賞 銀

「ロボは「道具」から「友人」へ」

田村 拓実

コメント:子供達がわくわく笑顔で見学でき、ロボットと仲良しになる暖かい未来の自動車整備士をイメージして描きました。

写真をクリックして拡大

浅葉克己賞 銅

「切り札」

齋藤 愛沙美

コメント:堅実で精巧な技術、日本人の職人気質がAIの救世主となり、そして長年の経験を積んだ高齢者が活躍する未来を願って。

写真をクリックして拡大

入賞

「IMAGINE」

HAPPY-PI

コメント:A I化で整備士に求められるのは、人の悩みや喜び、地球環境などを「想像する力」

写真をクリックして拡大

入賞

「未来社会図」

林間

コメント:自動車は排気ガス問題などで環境汚染の一端と考えられているが、クリーン化への技術躍進も著しい。その流れの元、未来社会は車が地球にやさしい、共存できる関係になっているのではないか。時代を担う、未来の自動車整備士たちによって。

審査員:国土交通省/文部科学省/高文連写真専門部/浅葉克己(アートディレクター)/JAMCA

ページのトップへ移動

主催 JAMCA(全国自動車大学校・整備専門学校協会)

主催 JAMCA(全国自動車大学校・整備専門学校協会)

© 2013 JAMCA PRIZE