JAMCA PRIZE 2016 絵画・イラストコンテスト(小学生部門)結果発表

トップページへ

#

【テーマ】あったらいいなこんなクルマ 【応募資格】小学校に籍を置く方。

写真をクリックして拡大

グランプリ

「くだものの国へ
行ける車」

坂原 美紀

コメント:私はくだものが大好きなのでいろいろなくだものを食べたいと思いくだものの国へ行ける車があったらいいなと思い描きました。

写真をクリックして拡大

審査員奨励賞

「整備士戦隊ナオスンジャー」

松田 すぐり

コメント:私は、整備士さんのかっこよさを、戦隊っぽくかいて表現しました。だれかのためにたたかっていて、とてもかっこいいと思います。

写真をクリックして拡大

審査員奨励賞

「かっこいいなクルマのせいびし」

牧野 由愛

コメント:おもくて大きな車を高くもちあげてクルマの下で作業をしていたせいびしさんはすごいなーと思って書きました。

写真をクリックして拡大

審査員奨励賞

「どこでも行ける!3かいだてのスペシャルカー」

石田 みひろ

コメント:3かいのへやは、4つの天気があって2かいの左のへやは公園のようになっていて虫やゆうぐがあり、どこまでもつづくようになっています。右のへやは森のようでムササビやしかなどがいます。1かいの左のへやは、魚がいていっしょにおよげます。ドアは2じゅうです。右のへやは、がっきがあるへやでいろんながっきがあります。まんなかのへやは、とりとねこがいます。入り口の所にあるへやが、ねたり、たべたりできる。ホテルみたいになっています。大きくなったり小さくなります。水の中でも走れます。宝ばこの中はなんでも入って世界中のお宝、お金が入っています。

写真をクリックして拡大

JAMCA会長賞

「あったらいいなこんなクルマ」

岩﨑 建流

コメント:クワガタとカブトムシが合体したクルマです。後部座席がガラス張りになっており、羽根を広げると、天井が開き外の景色が、よく見えます。

写真をクリックして拡大

浅葉克己賞 金

「スペシャルオリンピックエコカー」

鈴木 澄海

コメント:ぼくがこの作品で工夫したところは、こまかくていねいに色をぬる事といろいろな形にしてカラフルに書いた事です。

写真をクリックして拡大

浅葉克己賞 銀

「過去に行けるタイムワープカー」

牧野 克拓

コメント:車の上にある時代がかいてある時計のようなものは、行きたい時代に針をさすとその時代にワープすることができます。車の周りはそれぞれの時代にあった物をかきました。

写真をクリックして拡大

浅葉克己賞 銅

「カラフルくもの糸!!どこでもいけるくもカー」

佐久間 希歩

コメント:くもから出る糸は、カラフルでそのくもが通った後はきれいな色の糸が形をつくって、いろいろな場所へ出かけにいきます。このカーは、10人しか乗れないけれど、糸をはってどこにでも、行けることができます。空にだっていける夢のクルマです。このクルマを出るときには、くものストラップを、もらえることができます。あったらすごいふしぎなクルマです。

写真をクリックして拡大

入賞

「望遠鏡で星が見える車」

佐藤 昇太

コメント:車のバックを夜空にして工夫しました。車をカラフルにしました。

写真をクリックして拡大

入賞

「みんなでワイワイにゃんにゃんカー」

髙野 有芽

コメント:ねこの形をしたおうち車です。ねこの目はまどで、ヒゲはアンテナです。この中でわたしも住みながら、車なので走れます。とまっている時は、かわいいねこのおき物になって、ねこたちが集まってきてみんなでワイワイ遊びます。

写真をクリックして拡大

入賞

「楽しくスポーツする車」

嶋 快斗

コメント:いろいろな場所に移動して景色を見ながらスポーツできる車

写真をクリックして拡大

入賞

「おまつり車」

久保田 紗苗

コメント:おまつり車があったら一年中いつでもどこでも遊べるよ。花火も楽しんでみれるよ。

写真をクリックして拡大

入賞

「交通じゅうたいスルーカー」

斎藤 美和

コメント:イヤな交通じゅうたいになっても空をビューンと飛んで目的地までひとっとび!!

写真をクリックして拡大

入賞

「おかしなお菓子の車」

加賀爪 咲希

コメント:年に1回誕生日のこどもが招待されて家族でパーティ出来る車です♡

写真をクリックして拡大

入賞

「チンアナゴ バス」

五十嵐 椿

コメント:大好きなチンアナゴをバスしました。カラフルなチンアナゴの席や荷物置きがあるので、お客さんは好きな場所に座れます。チャイルドシートも付けました。

写真をクリックして拡大

入賞

「空も地面も走るユニコーン号!」

岡田 優菜

コメント:せ中についている大きな羽で大きな空を飛びます!ほっぺにほんのりとついたピンク色もアピールポイントです。

写真をクリックして拡大

入賞

「とらのくるま」

さいとう ゆうせい

コメント:たのしいたのしいとらのくるま。とらのべろからのって、どうぶつのまちにつれていってくれます。

写真をクリックして拡大

入賞

「縁の下の力持ち」

横山 太飛

コメント:車の裏を整備しているところを描きました。機械を描くのが大変でした。

写真をクリックして拡大

入賞

「車の健康守ってます」

松村 満里愛

コメント:車のお医者さんである整備士さん、ふだんは目立たずに縁の下の力もち的存在でわたしたちの安全を守ってくれているからいっぱい目立たせたかった。

写真をクリックして拡大

入賞

「洪水対応車」

德田 健太朗

コメント:西日本の洪水のニュースを見て思い付きました。こう水が起きてもタイヤがついているじくが高くのびるので水につからずにひなんすることができます。マイカーなのでペットもつれていけます。

写真をクリックして拡大

入賞

「あったらいいなこんなクルマ」

林 日向子

コメント:車の屋根と側面でお花を育てて咲かせるお花の車があったら、キレイで良いなぁと思い書きました。車を見ている人も楽しくなるような車があったら良いと思います。

写真をクリックして拡大

入賞

「花びら舞うフラワーカー」

加納 怜

コメント:色々な色を使ってカラフルにしました。タイヤは水が入っていてタンクになっています。タンクの水は花にあげるために入っています。

写真をクリックして拡大

入賞

「いのちをまもるレスキューカー」

佐藤 颯斗

コメント:ぼくは、大雨でひがいにあっているニュースを見て、ひなん所ごと安全な所へみんなをはこべるレスキューカーがあったらたくさんの人がたすかるからいいなと思って書きました。このレスキューカーは空もとべて水も泳ぐことができるスペシャルカーです。

審査員:国土交通省/文部科学省/高文連写真専門部/浅葉克己(アートディレクター)/JAMCA

ページのトップへ移動

主催 JAMCA(全国自動車大学校・整備専門学校協会)

主催 JAMCA(全国自動車大学校・整備専門学校協会)

© 2013 JAMCA PRIZE