JAMCA PRIZE 2020 絵画・イラストコンテスト(中学生部門)結果発表

トップページへ

#

【テーマ】こんなクルマに乗ってみたい 【応募資格】小学校に籍を置く方。※素晴らしい作品を多数ご応募頂きましたので、小・中学生部門を2部門に分けることにいたしました。

写真をクリックして拡大

グランプリ

「未来の自動車整備」

川村 理温

コメント:車やその整備環境がどう変化していっても、最後の仕上げはいつまでも心の込もった人の手によるものだと思います。

写真をクリックして拡大

浅葉克己賞1位

「A car that can go anywhere」

田中 葉月

コメント:外見は普通の車でも、子ども達が望む世界へ乗せていってくれる車です。大きさも変わるので、絵の中では金魚のいる池の中に入り、子ども達が楽しんでいます。

写真をクリックして拡大

がんばりま賞

「整備士として」

羽生 遥音

コメント:整備士として仕事をこなす人の絵を書いた。みんなが車を楽しく安全に乗ってほしいと思った

※優秀作品多数のため賞を追加しました。

写真をクリックして拡大

浅葉克己賞3位

「cloud car」

山賀 有夏

コメント:雲の車です。ふわふわなので事故もなく、ノンストレスでエコという今の時代にかかせない夢のような車です。

写真をクリックして拡大

浅葉克己賞3位

「フィッシングカー」

長濱 颯良

コメント:将来釣りができたり、カニやウニが採れたりする車ができたら嬉しいと思い、この作品を描きました。

写真をクリックして拡大

浅葉克己賞3位

「モンスターカー」

岩田 翔太

コメント:8つの頭についた目で安全を確認しながら、まん中の頭に人を乗せて走ることのできる夢のクルマです。

写真をクリックして拡大

入賞

「植物の車」

小山内 優月

コメント:環境にやさしい98%植物でできた車です。極力木を切りとらないようにして、自然を楽しめるような形となっています。

写真をクリックして拡大

入賞

「コロナバスターズ」

吉本 志

コメント:この車は、街を歩いている人の中からコロナ感染者を見つけることが出来、その場で治療、ウィルスデーターの共有、そしてそのエリアの消毒も同時に出来る車です。

写真をクリックして拡大

入賞

「家族の安全を守る整備士」

田中 虹妃

コメント:私たちが普段何気なく過ごしている車内の安全は、整備士さんの手によって助けられています。歯車を思い出の象徴とし、それを守る整備士さんを描きました。

写真をクリックして拡大

入賞

「便利カー」

磯山 心幸妃

コメント:車の中や外にたくさんの便利なしくみや機能があります。どれもこれも全部たのしめる!みんなの夢の場所へつれていってくれる車です。

審査員:国土交通省/文部科学省/高文連写真専門部/浅葉克己(アートディレクター)/JAMCA

ページのトップへ移動

主催 JAMCA(全国自動車大学校・整備専門学校協会)

主催 JAMCA(全国自動車大学校・整備専門学校協会)

© 2013 JAMCA PRIZE