JAMCA PRIZE 2020 絵画・イラストコンテスト(高校・専門学校・大学生部門)結果発表

トップページへ

#

【テーマ】クルマのある風景 【【応募資格】高等学校・専門学校・大学・大学院に籍を置く方。

写真をクリックして拡大

グランプリ

「With AI」

阿部 朱里

コメント:女性の自動車整備士さんが、従来の高い技術に加え、AIを用いて活躍する姿を描きました。どんな未来になるのか楽しみです。

写真をクリックして拡大

審査員奨励賞

「未来の自動車整備士と将来の自動車整備士」

岸野 夏奈子

コメント:未来であっても人の力は必要なのではないかという想像で描きました。

写真をクリックして拡大

審査員奨励賞

「今までと、これからと」

小林 日向

コメント:人工知能が発達し、仕事内容がAIのメンテナンスなどに変わっても、車を「整備」するという本質は変わらないと思い、整備士たちを描きました。

写真をクリックして拡大

審査員奨励賞

「未来の女性自動車整備士」

小林 朱莉

コメント:未来ではハイテク技術の手助けの元、整備しており、たくさんの女性整備士が活躍しているのかな、と想像をふくらませて描いてみました。

写真をクリックして拡大

JAMCA会長賞

「仲間たち」

佐藤 みつき

コメント:整備士と、整備士を手助けするロボットたちを描きました。重い物や道具を運んでくれます。インカムでロボットたちに指示することが出来ます。

写真をクリックして拡大

特別賞

「地中探索機」

鷲野 望乃花

コメント:もし地上で渋滞がおきたときに、地中ですばやく移動することができる車です。

写真をクリックして拡大

浅葉克己賞 金

「モグラシアカー」

安中 陸

コメント:この車は、水中・土中・陸上に対応しており水中ではタイヤがプロペラになり、この車を動かしたり、土中ではタイヤの周りがとげになり動きます。

写真をクリックして拡大

浅葉克己賞 銀

「次世代エコカー“ペンギンカー”」

岩濱 汐里

コメント:世界問題となっているプラスチックゴミ。その解決に貢献するのがペンギンカーです。プラスチックゴミで走る、全く新しい車を想像して描きました。

写真をクリックして拡大

入賞

「よくばりcar」

山本 夏璃

コメント:雪道の雪を溶かすヒーターや風力発電のプロペラ、サイドミラーの代わりに三六〇度カメラを取り付ける等、夢がありながら未来を感じられる車をイメージしました。

写真をクリックして拡大

入賞

「I-CO-I「憩い」」

森島 悠太

コメント:少子高齢化がより一層進むであろう農村部や過疎地域に出向く、誰でも料理ができる車。地域の人たちが、この車を通して気軽に交流できたらと思い、形に起こした。

写真をクリックして拡大

入賞

「未来の自動車」

丸山 真依

コメント:自動運転システムや、障害物センサーが搭載されているのでお年寄りや子どもでも安全に運転することができます。空を飛ぶこともできるので良い景色を眺められます。

写真をクリックして拡大

入賞

「未来は多分無重力」

南村 綾

コメント:今までにないものをと考えたときに、思いついたのが無重力空間での整備でした。

写真をクリックして拡大

入賞

「ハートフル・リペアー」

清水 政徳

コメント:遠い未来、感情のもつAIを搭載した車両と上手くコミュニケーションをとる整備士を描きました。いつか機械と仲良く共存のできる未来が来る事を願います。

写真をクリックして拡大

入賞

「ゼログラビティ メカニック」

源田 樹優

コメント:未来の整備工場では、無重力空間の中でAI搭載の人型ロボットが素早く的確に整備を完了させる。この車はゴミで走る廃棄物燃料車である。

写真をクリックして拡大

入賞

「水中車」

玉置 佑菜

コメント:水中でも地上のように景色を楽しみながら走ることが出来たらいいなと思いデザインしました。

写真をクリックして拡大

入賞

「多様性を支える整備士たち」

佐々木 榛香

コメント:未来では車の機能性もデザイン性も、乗る人の思いのままになっていると考えます。そんな多様な自由を新たな技術で支える未来の整備士たちを描きました。

審査員:国土交通省/文部科学省/高文連写真専門部/浅葉克己(アートディレクター)/JAMCA

ページのトップへ移動

主催 JAMCA(全国自動車大学校・整備専門学校協会)

主催 JAMCA(全国自動車大学校・整備専門学校協会)

© 2013 JAMCA PRIZE